美容 テクニック

クリニックに頼る前に、自分でできる肌のケア!

肌に関するお悩みやコンプレックスがあるから、美容整形クリニックを利用しようと考えている方もいるかもしれません。
しかし美容整形の施術は自由診療で高額な費用がかかる場合もありますから、まずは自分でできる肌のケアを実践してみてはいかがでしょう。

乾燥肌を予防せよ!

今の季節は、乾燥によって肌にカサつきや粉吹きなどの症状が出ると化粧の乗りが悪くなってしまいます。
乾燥肌の原因は人それぞれですが、正しいスキンケア方法で改善する事が大切ですから、自分に合うスキンケアが分からないという方はエステサロンや美容のクリニックで肌質に合わせた改善方法を相談してみるのもオススメですよ。
まずは、睡眠や食事など日頃の生活習慣を見直してみてはいかがでしょう。

フェイスのスキンケア

スキンケアでは洗浄と保湿と遮光とメイクが重要だという事です。
洗浄とは洗顔料やクレンジングを使って、顔の皮膚に付着した汗や埃や皮脂など汚れを洗い落とすという工程になります。
保湿は肌を乾燥から守って潤いを保つために必要な工程なので、必要に応じて化粧水や保湿クリームや乳液を使いましょう。
遮光では、紫外線をカットする日焼け止めを使って紫外線から肌を守りますが、色々な種類があるので自分の肌に合う物を選びましょう。
メイクでも肌の悩みに合う化粧品を選んで、刺激が強い成分が入っている物は使わないようにしましょう。

ボディのスキンケア

体全体を保湿するなら、入浴は熱すぎない温度に設定して長時間の入浴は避けて、入浴後に保湿効果の高いオイルなどを活用するのがオススメですよ。
加湿器などを活用して部屋を丸ごと潤したり、乾燥が気になる部位には念入りに保湿クリームなどを塗布すると良いでしょう。

化粧品の役割

化粧品にはそれぞれ役割がありますので、スキンケアは自分の肌質や目的に合う物を選ぶようにしましょう。

化粧水

基本的には精製水ですが美容成分が配合されていて、洗顔によって失われてしまった水分を足すという目的で使われていますが、保湿だけでなく肌の調子を整えてメイクのための土台作りをしたり、他の化粧品の浸透を促す効果も期待できるそうです。

乳液

こちらも基本的には精製水ですが、さらに油分が含まれているため、皮脂膜の水分の蒸発を防いだり、美容成分を肌へと届ける役割があるのだそうです。

美容オイル

肌の水分の蒸発を防いだり、潤いを保って肌の調子を整える役割があるのだそうです。
肌を柔らかくする効果もあるとの事ですから、弾力やハリのある肌を目指している方にオススメですよ。

食べ物で美肌作り

食生活も肌には影響しているため、効果的な食べ物をバランスよく摂取するように心がけましょう。
乾燥肌予防に効果的な栄養は幾つかあり、ビタミンB群やビタミンCを積極的に摂り入れると良いのだそうです。

卵料理
卵は、必須アミノ酸など美肌を作るための栄養素がたっぷり含まれているため、美肌作りだけでなく栄養も摂取する事ができるのです。
赤身肉
肌を作るための材料であるタンパク質が含まれていて、美肌を作るためには必要不可欠ですから食事に取り入れるようにしましょう。
魚・大豆
保湿力のアップに効果的だと言われていて、青魚は血行をサラサラにする働きがありますから積極的に食べると良いでしょう。
野菜
野菜の中でも、特にトマトや人参などの緑黄色野菜は皮膚の免疫力アップに効果的だと言われていますし、抗酸化作用があるのだそうです。

利尿作用のあるカフェインは、水分が排出されてしまいますので摂取しすぎには注意しましょう。

美容整形を利用するなら

美肌を作る施術
イオン
ヒアルロン酸
レーザー機器
美白クリーム
など

美肌のための施術内容や使用する機器はクリニックによって様々ですが、注入施術やレーザー機器はメスを使う事なく施術を行う事ができるのです。
アンチエイジング施術を行っているクリニックもありますし、一人ひとりの肌質や状態によって最適な方法は異なりますから、気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょう。

美容整形の注意点

施術によってはダウンタイムが必要な場合がありますし、肌に赤みなどが出る事があるそうです。
施術する範囲や状態によって施術回数は一人ひとり異なりますし、効果を持続させるために何度も通う必要があるので、1回の料金だけを見て判断しないようにしましょう。

他の人と差がつくスキンケアで美肌を手に入れましょう。

関連記事

  1. 春にオススメ!美容のポイント
  2. ドクターズコスメを活用しよう!
  3. ゴールデンウィークにできる美容とは?
  4. まるで美容整形?メイクのおすすめテクニック
  5. 春にやっておくべき美容対策とは?
  6. 美容整形で使われているシリコンとは?
  7. 冬の乾燥対策、しっかり実践しよう!
  8. 美容には水が必要不可欠?その理由とは

ピックアップ記事

若々しいバストを目指す!乳房縮小の施術

豊胸の施術は日本でも利用する人がいますが、海外では乳房縮小の施術が行われているそうです。日本では…

北九州市で院長が一貫して対応している美容整形クリニックランキング!2019年版

目の隈がなかなか治らなくて悩んでいるという方も多いかもしれませんが、美容整形の施術で改善する事ができ…

芸能人から学ぶ、美容の方法とは?

人から見られる機会の多い芸能人は肌も綺麗な人ばかりですが、一体どんな美容方法を行っているのでしょう。…

ダウンタイムって何?美容整形のギモン

美容整形でよく耳にする単語「ダウンタイム」ってどんな意味なのか知っていますか?施術を受けるなら知…

小倉エリアで女性に優しい美容整形クリニックランキング!2019年版

実年齢より若く見える人がいますが、その人たちは普段から一体どんな事を実践しているのでしょうか?…

お金がなくても美容整形はできるのか?

そんなにお金はないけど整形したいと考えている方も多いかもしれません。美容整形を利用するなら、金銭…

最新記事

PAGE TOP