美容 テクニック

年末年始にできる、おこもり美容って何?

この年末年始に美容について気をつけたいと考えているなら、おこもり美容を実践してみてはいかがでしょう。
予定がなかったり、新年を迎える準備をするために家に居る機会が多いかもしれませんが、だからこそ美容に時間をかけて集中的なケアを行う事が大切なのです。

おこもり美容とは?

ドタバタしがちな冬は、肌にも負担がかかりがちですから、年末年始の休みを利用して肌を癒したりお手入れする事が大切なのです。
普段、忙しくて肌のケアができないなら、日頃の自分へのご褒美としてスキンケアの時間を作ったり、贅沢なアイテムを活用して自分自身を癒してあげましょう。

なぜ冬にやるべきなの?

年末年始のおこもり美容には様々なメリットがありますよ。

すっぴんで過ごせる
紫外線をあまり浴びない
外の乾燥した空気に晒されない
疲れを取り除く事ができる
空いている時間を有意義に使える

年末年始に出掛ける機会がある人はあまり普段と変わらないかもしれませんが、家の用事で忙しくて年末年始に外出する機会がないなら、じっくり美容の時間を作りましょう。

どんな事をやるべき?

プチ断食
ゆったり入浴
入念な保湿
セルフマッサージ
プチ断食 年末年始は美味しい物を食べて暴飲暴食になりがちですから、プチ断食を行って胃腸への負担を和らげたり、体内のデトックスを促進させましょう。
断食と言ってもプチですから、前日の夜から消化の良い物を食べて、翌日は固形物を食べず野菜ジュースなどで水分補給を行い、その次の日からは普段の食事に戻すという方法ですが、無理のない程度に実践してみてはいかがでしょう。

ゆったり入浴 程よい温度の浴槽にお気に入りの入浴剤を入れて、じっくりゆっくりバスタイムを過ごすと疲れた心身を癒す事ができますし、デトックス効果も期待できるのですが、熱すぎる温度だと逆効果だと言われていますので注意しましょう。
ゆったり入浴タイムを過ごしたいなら、ミネラルウォーターやクッションなどを持ち込むのがオススメですよ。

入念な保湿 入浴後にはすぐに全身の保湿を行う事が大切ですから、乾燥しがちな顔にはパックで保湿を行いましょう。
基礎化粧品を使うスキンケアも、普段よりも時間をかけて丁寧に行い、肌に潤いを与えると良いでしょう。

セルフマッサージ 年末年始に出掛ける機会がないなら、セルフマッサージやヨガやストレッチを行って適度に体を動かして血行やリンパを改善するのもオススメですよ。
時間があるならメイクやヘアアレンジについても研究を行ったり、自分自身を磨く時間を作ってみてはいかがでしょう。

オススメのアイテム

冬は特に乾燥しやすい季節ですから、化粧水や保湿マスクも効果的で自分の肌に合う物を選ぶ事が大切なのです。
スキンケアでは植物油由来の物を選んだり、肌に潤いを与える薬剤や肌痩せ効果のある物もあると良いでしょう。
美容のためには、たっぷり睡眠時間を獲得する事も大切なのでリラックスできるアロマの香りを選び、リラックスタイムを過ごしましょう。

年末年始は肌だけでなく心にも潤いを与えて自分磨きを行い、ポジティブな気持ちで新年を迎えましょう。

関連記事

  1. 美容整形で使われているシリコンとは?
  2. お餅ダイエットで美容効果をゲットできる?!
  3. コラーゲンと美容はどんな関係?
  4. 梅雨の時期にできる美容とは?
  5. ビニール肌に注意しよう!美肌のためのスキンケア
  6. クリニックに頼る前に、自分でできる肌のケア!
  7. ビタミンの美容の関係性とは?
  8. プラセンタと美容の関係とは?

ピックアップ記事

美容整形ツーリズム、メリットとデメリットは?

美容整形クリニック選びでは、日本のクリニックだけでなく海外に行って施術を受けるという選択肢もあります…

大宮でレーザー脱毛ができるクリニック3選!2018年版

大宮で脱毛しようと考えているなら、オススメの美容整形クリニックがありますよ。脱毛するならエステサ…

浦和エリアで皮膚の悩みを解消できる美容整形クリニック3選!2019年版

現在、皮膚に関する症状やお悩みで悩んでいるなら、美容整形クリニックで相談してみてはいかがでしょう。…

現代のバストアップ、施術方法はいろいろある?

アメリカなど海外で豊胸手術が人気になっていますが、豊胸手術にも色々な種類がありますのでご紹介いたしま…

高崎市で仕事帰りに利用できる美容整形クリニックランキング!2019年版

近年では比較的ダウンタイムの少ない美容整形の施術やリーズナブルな価格設定のクリニックがあるので、気軽…

芦屋市で総合的な美容医療を提供している美容整形クリニックランキング!2019年版

一度は美容整形を利用したけど途中で契約を止めたくなったという場合には、美容整形でもクーリングオフが適…

最新記事

PAGE TOP