美容整形 豆知識

美容整形で訴訟を考えているなら

美容整形にはリスクが付き物ですから、自分の顔や体に傷などの後遺症が残ってしまう事も考えられるのです。
もし腕の悪い医師の施術を受けて失敗してしまった場合には、クリニックや医師を訴える事も考えると良いでしょう。

訴えたら勝てるの?

失敗したのだから返金してもらいたいと考えるかもしれませんが、相談するなら医療関係に強い弁護士に依頼するのがオススメですよ。
もし施術で5万円以上の金額を支払った場合にはクーリングオフで残っている契約を解約する事ができるのだそうです。
施術前後の写真を提出する必要があり、法廷で自分のコンプレックスについて色々と言われる事も考えられるため、美容整形は裁判になりにくくて泣き寝入りも多いと言われています。

慰謝料は貰えるのか

美容整形は、他の医療裁判と比べて賠償額が少ないと言われていて、弁護士費用や裁判のための費用、意見書の作成費用も必要なので勝訴しても赤字になる事が考えられます。
傷害慰謝料は入院や通院の日数で決まってくるので、日帰り手術の多い美容整形ではその額が低くなるのだそうですし、後遺症傷害慰謝料も裁判で後遺症と認められる事が難しいので低い額になる事が考えられるのです。
示談になる事もあまりない業界ですし、国内の裁判でも難しいのに海外の美容整形ではさらに慰謝料や損害賠償の請求は難しくなるという事ですよ。

訴訟のケース

裁判に発展しても、勝つか負けるかは人それぞれケースによって異なるのだそうです。

勝ったケース

医師側が説明責任を果たしてなかったケースや明確な失敗があるケースでは、説明義務違反で損害賠償を請求できるのです。
大きな傷など誰が見ても失敗だと分かる場合にも、医療行為のミスとして損害賠償請求や契約解除ができるという事です。
施術が失敗だったと認められた場合には再手術を求める事もできるので、泣き寝入りせず法律の専門家に相談してみると良いでしょう。

負けたケース

傷や後遺症など美醜に関わる損害を受けても、個人の感覚によるものとして補償を受けられない場合もあるという事です。
患者側から見て失敗だと思っても法的に失敗だとみなされないケースもありますし、施術による因果関係が認められる事が大切なのです。
施術によっては発生があり得るリスクだった場合、医療過誤として認められない場合もあるそうですが、慰謝料は貰えなくても返金だけならできる場合があるそうですよ。

訴訟する上で必要なポイント

別のクリニックを受診してみて、自分が受けた施術に問題がなかったかどうか、後遺症のある部分を修正または除去する事ができるのか確認してみましょう。
私的鑑定意見書や後遺症の程度認定を専門医に書いてもらったり、弁護士と相談してどういう方向性で進めるのか話し合いましょう。

訴訟に発展しないためにできる事

まず気をつけるべき事は、カウンセリングを受けるという事であり、美容整形にはリスクが付き物なのでメリットばかり話すクリニックは怪しいのだそうです。
説明を聞いてから考える時間も大切ですから、即日で契約を進めるクリニックはあまり信用できないでしょう。
価格の安さだけで判断せず承諾書を確認したり、信頼できる医師に任せると良いでしょう。

自由診療の全額自己負担ですから、失敗して後遺症を一生残さないためにも美容整形を受ける時には慎重になるべきなのです。

関連記事

  1. 美容整形、イオン導入の施術とは?
  2. 美容整形の降鼻術、どんな種類があるの?
  3. 美容整形ツーリズム、メリットとデメリットは?
  4. 悪徳なクリニックに引っかからないために
  5. 点滴を使う施術、美を手に入れる方法とは?
  6. 切らない施術、美容整形のサーマクール
  7. 顎が気になる?美容整形でできる事
  8. 美容整形のライムライトでできる事とは?

ピックアップ記事

京橋エリアでオーダーメイドな施術ができる美容整形クリニックランキング!2019年版

美容整形では、乳癌の治療によって乳房を失ってしまったという方や胸の施術をしたけれど失敗してしまったと…

どうして人は老けて見えるの?

日本人は外国人と比べると童顔だと言われていますが、同じ年齢でも人によっては顔が若く見えたり老けて見え…

梅田エリアにて適正価格で利用できる美容整形クリニックランキング!2019年版

自分の顔は美醜に関わらず一生付き合っていかなければなりませんが、その顔についてコンプレックスを抱えて…

そばかすの美容整形

思春期に顔のそばかすで悩んだという方もいるかもしれませんが、これは美容整形で改善する事ができますよ。…

イマドキの涙袋、美容整形で作れる?

涙袋が魅力的な女優さんも多く、涙袋に憧れてプチ整形で目元の印象を変えようと考えている人も多いかもしれ…

汗の施述 〜多汗症の場合〜

汗っかきで悩んでいるなら、美容整形のクリニックを利用して治療するという方法があります。美容整形を…

最新記事

PAGE TOP